FC2ブログ
出会い情報

☆マハロの法人タクシー事情in東京

☆マハロです。2007年から東京で法人タクシードライバーをしています。個人タクシーを目指しています。2012年よりタイトル変更しました。【旧、☆マハロタクシーの激走】

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ナイアガラとトロント

ナイアガラでの写真と、トロントへ一日観光へ行ったときの写真です。

ナイアガラの滝は、2つの国に分かれています。
カナダ側・カナダ滝(落差53m、幅670m、滝壺の深さ56m)
アメリカ側・アメリカ滝(落差21mから34m、幅260m)と、ブライダルベール滝(落差55m、幅15m)

※ツアーガイドさんからの受け売り
ナイアガラ滝は、治水されている。ほったらかしだと侵食が進んで年間1mも移動してしまうらしいです。治水することによって侵食は年間3cmに抑えられているんだとか。

治水は2種類。
1つは地下水道路を使って下流にある水力発電所に大量の水を送って水量をコントロールしているそうです。日本で有名な黒部ダムは出力33万5000kWだが、ナイアガラ地区(カナダ+アメリカ)の水力発電所は440万kWにもなるそうだ。
もう1つは、上流に水門のようなものがあってアメリカ滝に水が流れるようにしているそうです。現在の水量比がカナダ滝9:アメリカ滝1であるが、この水門が無いと将来的には10:0になってしまうらしい。


泊まったホテルです。エンバシースイートホテル。カナダ滝から一番近いホテルです。
泊まったホテル

ホテルの部屋から見た虹です。カナダ滝から発生する大量の水蒸気で雲みたいになるんです。
ホテルから見たカナダ滝の虹

エンバシースイートホテルのレストランから見たカナダ滝です。流れ落ちる水の轟音も聞こえます。
エンバシースイートレストランからの滝

テーブルロックから見たカナダ滝です。(落差53m、幅670m、滝壺の深さ56m、水量は夏で毎秒2,832 m³の90%)
テーブルロックから見るカナダ滝

クラウンプラザのレストランから見た手前がアメリカ滝(落差21mから34m、幅260m、水量は夏で毎秒2,832 m³の10%)、奥がカナダ滝。
クラウンプラザレストランからの滝

アメリカ滝の前を通過する霧の乙女号。アメリカ側から2艘、カナダ側から2艘が出ています。
アメリカ滝の霧の乙女号

カナダ滝へ向かう霧の乙女号。カナダ滝に最接近して10分程度止まってカナダ滝を体感する。
カナダ滝の霧の乙女号

以下のリンクをクリックするとyoutube動画へ飛びます。まるで雨が降っているようでした。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
→→ 霧の乙女号の動画 ←←
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

夜になると滝はライトアップされます。アメリカ滝の方です。
ライトアップされたアメリカ滝

滝の対岸から大型の照明装置で照らしています。色は白・赤・黄・青・紫などがありました。
ライトアップ装置

トロントにあるCNタワーです。高さは553.33m。
トロントCNタワー

342mには『グラス・フロア』があって、そこから下を見ると足がすくんでしまいます。
CNタワーの床の一部から

番外。カナダのマクドナルドのマークです。なんと中心にメープルリーフがあります。
カナダのマクドナルド
関連記事
スポンサーサイト
[ 2010/07/19 08:45 ] 2011年以前 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

アクセスカウンター
応援のクリックお願いします!
プロフィール

☆マハロ

Author:☆マハロ
東京で法人タクシードライバーをしています。

※「☆マハロ」と書いて、
「しろぼしまはろ」と読みます。

※「マハロ」とは、
ハワイ語で「ありがとう」を意味します。

リンク集
ジオターゲティング

ジオターゲティング
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。